Como el viento racheado

ハヤテのごとく!や週刊少年サンデーの感想を書いていきます。…著しく更新停滞中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテ163話感想

大学生ってバレンタインデーあんまり関係ないですな。高校でも中学でも関係なかったけど。
さて、ハヤテ163話の感想です。

・ファミレス
はじまりは超高級レストランにてモンスターハンターをプレイなさるお嬢様方とおろおろする雪路先生。
なるほど。ファミリーで利用するからファミレスか。確かに。全く一般的ではないが。

・地雷処理
またなるほど。ヒナギクの怒りを爆発させることに重きを置いての人選だったわけね。美希にしてみればヒナギク―ハヤテルート開通のリスクはあんまり考えてないのかも。

・表層と深層
こちらは待ち合わせをするハヤテとヒナギク。
両者の表情と心の中をほぼ同時に描写できる点で、マンガって面白いですよね。ハヤテもヒナギクもなんか無理してる感じがありありと出てていいですな。

・ぐに
なんだかおかしな映画館に入る二人。席についた時、誤って手を握られて初めてこれってデート?などと気付くヒナギク。
ラブコメですな。良いぞ良いぞ。

・おい、ハリウッドw
そんな雰囲気ぶち壊しの映画前の宣伝。きよさんが指摘されてますが、絶望先生ネタですよね、これ。最初読んだ時爆笑してしまいました。

・意外とシリアス
映画の内容は意外と真面目?でした。それでも自分はさよなら絶望放送の「ヤギ対ロシア女」を思い出して苦笑していたわけですが。
猫の胴ぶっちぎりで泣き目のヒナギクですが、ヒナギクって猫派でしたっけ?畑先生自身が猫派らしいので気にしてもしょうがないか。
それはおいといて、と。
ヒナギクはハヤテといるといつも不幸な目にあうと涙目に。…いや、これは映画館のせいだろ。

・海へ
微妙すぎる雰囲気を察したハヤテが海へヒナギクを誘うという驚きの展開へ。どうしてそこで海?他の映画とかじゃダメなん?
海というと…あれか。ライフセーバーズか。ギルバートが来るか。


以上なり。

←ハヤテ162話感想   ハヤテ164話感想→
ハヤテ関連記事一覧
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://comoviento.blog118.fc2.com/tb.php/90-19aa7d80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。