Como el viento racheado

ハヤテのごとく!や週刊少年サンデーの感想を書いていきます。…著しく更新停滞中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックステージ考

まんが家バックステージにまつわる”甘え”の構図 - 明日はきっと。
を読んで。いろいろ考えたけど、まとまらない。なので箇条書き+αで。

・今回の黄金の城云々
これについては完全に畑先生の失着。あれは誰でも誤解します。自分も桂姉妹がロイヤルガーデンに絡んでくる布石だと思いましたよ。
バックステージでの言い訳が悪いというよりも本編での表現がまずかったんだと。

・バックステージの意義
「言い訳は無粋」って批判はかなり前から(連載当初から?)あったように思うので、今更かなぁとも。
バックステージを併用する方法は畑先生が確立した新しいスタイルなんじゃないかと考えてます。なので、作品内で完結すべきとする見解からは批判の対象になりますが、作品内で完結してなくてバックステージに補足があるという形でも別に構わないと思ってます。
とあるブログの比喩を借りますと、「理想は100を120にする場所でも、80を100にしたっていい。でも20を70にするのはちょっと…」という立場です。

・圧力
何かちょっと違うような…
-サンデー本誌のみ
-単行本のみ
-バックステージのみ
-本誌+単行本
-本誌+バックステージ
-単行本+バックステージ
-本誌+単行本+バックステージ
この組み合わせに感想ブログが加わる感じでしょうか。
ほとんどのブログの感想の存在そのものが単行本派にとっては本誌読めという圧力ですし、バックステージだけを読んでる人にとってはバックステージの存在そのものが本誌読め単行本買え圧力ですよ(かつての僕がそうでした(笑))。
どう組み合わせて読むかも何に縛られるかも読む人に委ねられているんじゃないかと。

・そろそろ情報を絞るべき
ここまで書いておいてなんですが、そろそろバックステージでこの先の展開についての情報は絞った方がいい、というのには賛成です。
このスタイル、当初は関心を引いて読者を増やす効果が大きく、今の安定した連載につなげたという実績があります。が、打ち切りの心配の薄れた現状(現連載陣中5番目の長期連載)ではもうそろそろ情報を絞り始めてもいいんじゃないかと思います。ネタバレによって自ら上げたハードルにつまずく危険が大きくなってきてるような気がしてなりません。きよさんのおっしゃる「物語展開圧力」もその危険のひとつでしょう。
上げたハードルを軽々飛び越えていってくれればそれはそれでいいんですが…



・蛇足
なんだろう。あんまり関係ないのに以前見かけたwikiのハヤテのページでの早売りに基づく更新の是非の議論を思い出したんですよね。情報の格差絡みで思い出したのかなぁ。




以上です。

例によって…本格的に更新できるようになるのはまだ先ですが、そのときはよろしくお願いします。m(_ _)m


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://comoviento.blog118.fc2.com/tb.php/195-ec32b33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。