Como el viento racheado

ハヤテのごとく!や週刊少年サンデーの感想を書いていきます。…著しく更新停滞中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテ200話感想

「優勝した奴は脱ぐ!」発言で、
久米田先生優勝フラグが立った!
と思ったのは僕だけでいい(巡回してたら他にもいました)。

さて、ハヤテのごとく!第200話「重力に魂は引かれても成田から人は飛べる」感想です。

・表紙
よく見るとナギが着物なんですよね。珍しいというか初めて?

・巻頭カラー
第2回キャラクター人気投票ということです。
「ぷらずまだっしゅ」と「tanabeebanatの日記」にて関連企画が実施されてますのでそちらにも注目。
だれが勝つのかな。
ヒナギクは伸び悩むか少し減らすかってところ。ナギ・マリアは大きく伸ばしてくるでしょう。ハヤテは…伸びる要素はないか。泉とハルさんがどこまで食い込むか。アテネも強そうだし。

・スルー
マジカル・デストロイは華麗にスルー。300話まで続いてるかどうかは…
遅延がデフォルトのこの作品のことだから畑先生があと100話で終わらせるつもりでいたとしても、絶対思惑通りに収まるわけがない。なので300話までは当然に続くかと。ただその頃平然とブリトニーが登場できる雰囲気なのか…

・突入
ともあれGW旅行編に突入。
*咲夜・ワタル・サキ ― アメリカ・ラスベガス
*ヒナギク・歩・泉・美希・理沙 ― トルコ・ギリシャ地中海方面
*雪路・薫 ― イタリア
*ナギ・マリア・ハヤテ ― ギリシャ・ミコノス島
の4組。伊澄が今のところ残留。ですか。これを並行して描くとなると相当なカオスが予想されます…

・荷物
心配性なもんで、いつも必要以上に服を詰め込んで、巨大なバッグを引きずって合宿に参加する僕としてはサキさんを笑えない。あんなにはならないけど。
咲夜はラスベガスに家があることが判明。すげーな。これでとりあえず宿泊費は浮くわけか。よかったねワタル。

・層々たる面子
そう言われてみると凄い面子。実は理沙(というよりも神社)が意外と強力なんだな。
ヒナギク説得の話省略されたんでしょうか。最初から予定してなかったのか。
パスポート絡みの話で雪路を匂わせてきました。
…ミスリードの可能性は…どうなんだろ。

・大人
雪路と薫。この組み合わせのラブコメは普通に面白そうです。

・計画的旅行
ナギ一行は少し遅れて出発するとのこと。
ま、ずらすことによって前3組の話を無理なく描写できますかね。
それにしても「ミコノスに帰る」か。ナギにとっては日本はアウェイなんですかね。
マルチリンガルにとっての母国ってどこになるんだろう、ってのは結構気になるかも。


いやー、ついにGW旅行編に入りましたねー。超長編になるのは間違いなしなんですか、どうなりますか。



←ハヤテ199話感想   ハヤテ201話感想→  
ハヤテ関連記事一覧
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://comoviento.blog118.fc2.com/tb.php/168-17281824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。