Como el viento racheado

ハヤテのごとく!や週刊少年サンデーの感想を書いていきます。…著しく更新停滞中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー4・5号感想

海辺の祭典には例のごとく行っておりません。
2008年最後の更新になります。

・結界師
兄貴…でも意外とこれで死ななかったりするのだ。絶対そうだ。そうであってくれ。
それにしても扇七郎が出てくるとは。六郎攫っていくし。
扇本家がどう出るのかはまだ不透明ですよね。今のところは、墨村正守(夜行)+奥久尼 vs 扇一郎~五郎兄弟、これにミチル・カケル+氷浦蒼士あたりの神佑地狩りの実行集団、烏森の結界師である墨村良守・雪村時音、という構図でしょうか。うわーどうなるんだろ。

・史上最強の弟子ケンイチ
ジェームズ志場っちがかわいい。秋雨師匠とのケンカはまるで子供。なのに腕力は達人級とか恐すぎる。
ケンイチ vs 武田って、YOMIとの闘いと違って結果が読めないから面白いですよね。

・神のみぞ知るセカイ
桂馬ママいいな~。やっぱり心配は心配なわけだ。当たり前だけど。
本当にクオリティ落ちないな。若木先生にはこの調子で頑張っていただきたいところ。

・月光条例
神様のおっしゃるとおり、図書委員は激戦区ですな。しかしエンゲキブといいトショイインといい、呼称をカタカナで表記するのがこの作品のルールなのかな。

・魔王
考えろ考えろ考えろ考えろ考えろ。
もちろん潤也もだけど、押し屋のネーミングバリューが凄いんだよな。そういえば、潤也は「押し屋」をいつ知ったんだっけ。あーコミックス買っちゃおうかなー。

・オニデレ
正義は勝つ!
そういえば最近修を見ない気が。
スポンサーサイト

ハヤテ205話感想

なぜか長期の休みに入ると更新が滞る怪奇。

ハヤテのごとく!第205話「ところがどっこい夢じゃありませーんとかは言わない」感想です。


・ワタルとサキ
手違いでツインルームが取れなかったとのこと。GWで日本人旅行客で混んでたんですかね。
咲夜の差し金を疑ったものの、飛行機の席あたりの話で手続はワタル自身が取ったっぽいから違いますね。

・ワタル母登場
ともかくこの前顔見せがあったワタル母・橘美琴が登場。30歳だから確かに雪路(28)に歳は近い。
一条君は、なんだろう。第一印象が巻田・国枝だったんだよな。なんでだろ。そういえば成人執事ってみんなメガネかけてるような気がした(未確認)。
親父さんとは別行動で、そちらはグアムでモツ鍋チェーンを展開中…そりゃ流行らんだろ…
咲夜は把握していなかったのかな。ナギが把握してたらしいことと合わせるとちょいと疑問。
橘の男には商才がないとのことですが、どうなんでしょうか。なんかいろいろ考察(もとい妄想)できそう。美琴さんは三千院の縁戚とかのなのか。眼力とか言ってるあたり。
それにしても母ちゃんって呼び方いいなぁ…

・アイキャッチ
皆勤賞は継続。

・退職金代わり
に店を譲るって案外面倒そうなんですが…株式会社なのか個人企業なのか。レンタルビデオだと行政の許可とかいるんだろうし。などとどうでもいいこと考えたり。

・勝負ッ!
沢尻さん!今度はこっちのマンガに登場お願いします。
なんちゅーか臣下を顧みない君主だな。今まで押し付けておいて。それとも試してるのか、2人の愛のちかr(ry

・BS
砂漠って、夜めちゃくちゃ寒くなるんじゃなかったっけ。さすがチャレンジャー・文。
確かに新しい形。畑先生には紙面ではできない、定型にこだわらないWEB独特の表現方法に挑戦していただきたいです。


←ハヤテ204話感想    ハヤテ206話簡易感想→
ハヤテ関連記事一覧

生存報告2

サンデーがお休みだと全く更新のないブログなので、一応生存報告。
加えて、いくつか。

・Flashとベクタ画像
全周無警戒にて【Flashゲーム】ハヤテの落ちゲー(カービーの~風味)を紹介していただきました。こいんさん、ありがとうございます。m(_ _)m
ルール説明を簡略にしてしまったもので……すみません。

同じ記事にParaFlaが紹介されていて、「こいんさんもFlash始めるの!?」とワクワクしてみたり。求めてらしたのはお絵かきソフトのほうでしたが。
Inkscapeは操作がやたら複雑だったと思うんで、ParaFla(というよりもParaDraw)のほうが使いやすいかと思います。InkscapeにParaFlaとくると、ベクタ画像にこだわってらっしゃるのかな。
Inkscapeは通常の画像をベクタ画像にトレースする機能があったりして、そのために導入したこともあったんですが、思ったように使えずお蔵入りしてしまいましたね…
こいんさんがなし崩し的にFlashを作り始めたりしないかなぁ…

・クラブワールドカップ
先週のガンバ大阪×マンチェスターユナイテッド戦見ながら、若木先生喜んでるだろうなぁ…と思ってたら、
12/18:ガンバ・・・セットプレーの守備・・・ ― HoneyDipped
(´;ω;`)ブワッ
若木先生が観戦するとガンバが負けるってジンクスはまだ生きていたんですね…

試合の方は素人の僕が見ててもワクワクするような非常に面白いものでした。Jリーグも日常的にあれくらいハイレベルな相手と戦える環境をつくれたらいいんですが…

今日の3位決定戦、決勝戦も楽しみ楽しみ。


サンデー2・3号感想

合併号の季節。

・神のみぞ知るセカイ
ポスターでかいな…しかし、神様が描かれていないのにどうして拝むことが出来ようか。いや、応募するけどさ。
ギャルゲーの歴史ったって桂馬自身がリアルタイムでプレイてない時代のもあるだろうに…全部プレイ済みか!?
エルシーの気持ちは分かる。絵柄見分けつかねーって。

・結界師
奥久尼が動く。正守も踊らされてるだけにならなけりゃいいけど。
これは良守も連れて行くのかな。この段階ではちょっと恐いな。

・絶対可憐チルドレン
金剛番長とコラボですか。確かにマメそうだから地図にまとめてあるかも。
本編の方は…諸葛亮何人いるんだ(笑)
パンドラまで集合となるとほとんど全員集合になるなぁ。パティ(だっけ?)や久々津もいるし。
こんなタイミングでやることでもないだろうに…

・金剛番長
うちの大学の講堂もああなってんのかな(そんなわけない)。
東大のテクノロジー進みすぎだよなー…

・アーティストアクロ
なるほど、オリオは彼の教え子でしたか。教師の影響を強く受けているわけですね。
もはや彼ら芸術家ではないよな…

・魔王
うう?現象を制御?予知とかじゃないのか。後から現象を変えるの?これは…恐い。
自分の家に10枚爪が送られてきたらどう反応するか…考えられんな。

・GOLDEN AGE
こちらも続きはWEBで!
お疲れ様でした。

・オニデレ
クリスタルな洋介先生の描く女の子はかわいーな。中身が男でも。
最後のページに戦慄。自分もさすがにケンヂに同情。

ハヤテ204話感想

ハヤテのごとく!第204話「カゼ引いた…ノド痛い…」感想です。

・作者急病
新しいスタイルだな、これ。
そのせいか、今週はなんかあんまり内容がない印象。

・ヤックデカルチャー
1ページだけラスベガス組。
到着翌日とのことですが、今回は時間巻き戻しをするのかな。

・タマ
さすがに海外には行けないもんな…
よく見てみるとあの巨体を支えるには脚が細すぎるよね。

・毒牙
ハヤテがその気になったらどんな恐ろしい結末が来るやら…
信じられない規模のフラグビルダーですからねぇ。
タマの心配も尤もですよ。

・パスポート
タマが物の怪になってる。
ハヤテはいつ取得したんですかね。そういう描写はまだなかったように思いますが。

・はふはふ
ナギが台所で食事って比較的珍しいような。しかし旨そうだな。

・執事長…
あー、いつかの伏線回収…
生粋の日本人なのにスペルが「CURA○○○SEI○IROU」なのが気になる。「KURAUSU」じゃないのか。あと、「SEISHIROU」みたいにシはshiじゃないのかな。

・文
アニメどおりに登場。意外。
そして相変わらず絶好調…


畑先生、体調にはお気をつけください。


←ハヤテ203話感想   ハヤテ205話感想→
ハヤテ関連記事一覧

落ちゲー補足

【Flashゲーム】ハヤテの落ちゲー(カービーの~風味)を「タカヒナの日常境界線」、「明日はきっと。」、「天涯の森」で紹介していただきました。タカヒナさん、きよさん、こすぎさん、ありがとうございます。

で、きよさんのコメント読んであわてて本記事にルール等を追記しました。

<2008-12-11追記>
消した星の数が点数になります。
2ターンに1度、ブロックが下からせり上がります。
真ん中2列のブロックが一番上まで到達するとゲームオーバーです。左右各2列は積み上がっても問題ありません。
3分間(厳密には3分少々)のタイムアタックです。3分経過でタイムオーバーです。
<2008-12-11追記ここまで>


8割ほどできあがるともう燃え尽きて、細かい詰めや説明文を投げやりに済ませてしまうのが悪い癖です。反省。


多くの方にプレイしていただけたようで本当に光栄です。
実際、Flashのゲームって作ってもあんまり反応が得られないものなので。
元のきらきらきっず自体が落ちゲーとしてはあんまり有名じゃないのでルールの把握に時間がかかるかもしれませんが、結構はまります。興味持たれた方には本家をプレイされることをおすすめします。

【Flashゲーム】ハヤテの落ちゲー(カービーの~風味)

ねんがん の おちゲー を せいさく したぞ!
絶望的な意味合いではありません。

落ちゲーサムネ

3パターン用意してみました。
ver1:お屋敷組―ハヤテ・ナギ・マリア(三途ノ川センパイ)
(こちらをクリック。別窓で開きます)


ver2:ラブコメ組―ナギ・ヒナギク・歩(ハヤテ)
(こちらをクリック。別窓で開きます)


ver3:13歳組―ナギ・咲夜・伊澄(三途ノ川センパイ)
(こちらをクリック。別窓で開きます)



落ちてくるブロックを操作し、同じキャラ同士で星(ver1、3では三途ノ川センパイ、ver2ではハヤテ)をはさんで消します。

<2008-12-11追記>
消した星の数が点数になります。
2ターンに1度、ブロックが下からせり上がります。
真ん中2列のブロックが一番上まで到達するとゲームオーバーです。左右各2列は積み上がっても問題ありません。
3分間(厳密には3分少々)のタイムアタックです。3分経過でタイムオーバーです。
<2008-12-11追記ここまで>

ハイスコアの記録などはできないので、好記録残した方はぜひ記事のコメント欄のほうにスコアを書き込んでいってください。

というより実際見てもらうほうが早いと思いますので、ニコニコのプレイ動画を貼っておきます。

連鎖させると効率よく星が稼げます。

<操作>
右キー:落ちてくるブロックを右に移動
左キー:落ちてくるブロックを左に移動
下キー:ブロックの落下速度上昇
スペースキー:落ちてくるブロックを回転



その昔GBに「星のカービー カービーのきらきらきっず」という落ちゲーがありまして、それを再現しようと試行錯誤し、出来上がりました。
キャラはハヤテに置き換えてみました。カラーなので目がチカチカするやも。ま、そんな長時間プレイする人もいないでしょうから大丈夫でしょう。

素材はこちらからお借りしました。ありがとうございますm(_ _)m
ハヤテのごとく!のアイコン素材モアイ部

三途ノ川センパイのアイコンはさすがにないので自作しました。自作しといてアレなんですが、目つきがむかつきますね。


例によって、最後に使ったソフト、参照したサイト、ブログのリンクを張っておきます。

Suzuka
フリーのflash作成ソフト。使ったバージョンはSuzuka ver.0.8.0です。

ParaDraw
ベクタ画像を描くためのドローソフト。こちらもフリーソフト。

Flashゲーム講座&アクションスクリプトサンプル集
flashゲームで使うアクションスクリプトの使い方が詳しく載っています。本当にいつもお世話になります。

サンデー1号感想

もう新年なのか…時が経つのは(ry
表紙の礼服オールスターはハヤテとコナンだけはまんまなのな。

・結界師
兄貴!!
ついに動き出しますか。非常に楽しみ。

・神のみぞ知るセカイ
自分には絶望していない!!
神様かっこよすぎる…最近は度胸もついてきて覚悟が出来れば恐いものなしだ。
桂馬が完全に現実世界に着地してしまったら、落とし神としての神通力はどうなるのだろう。神様が変える世界。変えた世界の中で神様は神様のままでいられるのかな。
掲載順高すぎで涙が出てきた。来週センターカラー+全員プレゼントとか。ここまでの好待遇が受けられるようになるなんて…
しかし、あのヒキで来週はイタ回なのか…

・史上最強の弟子 ケンイチ
案外活人拳とつながってたりするのかも。
頑なにYOMIとは違うと強調する岬越寺師匠が何かいい。端から見たらさして変わらんよ。

・絶対可憐チルドレン
カズラってここで出てくるようなキャラだったっけ?もうちょいモブっぽかったような。
ともかく、絶望したりひぐらしがないたり忙しい。とても見合いしてる状況じゃない。
そういえば、皆本が見合いに応じた理由ってまだ書かれてないですよね。何なんだろう。

・アーティストアクロ
前回疑問を呈した途端に返答が来るとは…凄まじいタイミング。
生まれつきスキルを身につけている先天的タイプと、完成を刺激されて目覚める後天的タイプがいる、と。先天的タイプの方が基本的には技量が高いものの、伸びしろは後天的タイプの方が期待できるわけか。
スバルは前者、アクロは後者とのこと。そうすると遺伝はアリってことになるのか。スバルは当然にスキルを持って生まれてるし。
今回出てきた教師を見ると、もはや芸術を志向してる様子が微塵もない。オリオもそれに近い感じか。それに対してバロック、モグラあたりは歪んではいるものの自分の感性を追及している様子が伺える。アート協会が変質してきた歴史から考えると、まだ強く協会の影響を受けてない層が中にいるんじゃないかと思える。

・月光条例
普通にホラー。恐すぎるだろう。
この感じだと月光は間に合わないんじゃ…

・KING GOLF
ちゃんとゴルフ用品屋の親父にお礼に行ってるのが好感。

・魔王
島さん…
彼女らはグラスホッパーじゃないのか。全く手加減なしで来ても不思議じゃない。
でもプロなら押し屋に気付きそうなものだけど…それが押し屋の能力?

・オニデレ
クリスタルな洋介先生の描く女の子って基本的に可愛いですよね。オデコの子とか。

・呪法解禁!!ハイド&クローサー
第一部・完!!続きはWebで!!
これは完全に予想外。そういう手があったか。
まずサンデー本誌で連載し、アンケートは芳しくないものの打ち切るには惜しい程度のコミックス売り上げがある場合はWeb連載に移行して、「少年サンデーコミックス」ブランドでコミックス発行。
コミックス派の人にとっては連載されてるのが本誌であろうがWebであろうが同じ「少年サンデーコミックス」だからあんまり関係ないし、本誌連載の枠は空けられるし、打切りに展開急がなくてもいいしでなかなか面白いスタイルかも。
あとWeb連載のシミュレーションって意味合いもあるのかな。
ジャンプがこれを始めたら凄いことになるだろうな…
<参照>
同じく週刊少年サンデー連載『呪法解禁!!ハイド&クローサー』がWebで連載継続という手法を取る件 ― tanabeebanatの日記

って、ほとんど作品と関係ない文章に…
ガッシュの後継作品として期待していたのですが、どうも勢いに乗り切れず、って感じでしょうか。
ともかく、お疲れ様でした麻生先生。Webでの第二部頑張ってください。

・GOLDEN AGE
こっちも不穏な…

以上。去年のサンデー1号の感想を読み返したら、ちょうど1年前からハイド&クローサーが連載開始だったんですね…

ハヤテ203話感想

久々の木曜更新。

ハヤテのごとく!第203話「博打はしない方が儲かる」感想です。

・ベガス組
今週はラスベガス組ですね。ワタル・サキはエコノミークラス、咲夜はファーストクラス。咲夜は別に旅費を貸し付けただけで他の便宜ははからなかったんですね。ワタルの意地もあったんでしょうが。
カジノで負けたら…って、債権は愛沢家が握ってんだろうから店取り上げられるってことはないでしょう。いや、そこらへんはシビアなのか。

・現地取材
なんか妙に詳細な空港描写があったどうしたんだろうかと思ってたら、バックステージによると現地取材を敢行したとのこと。畑先生を除いて…
ま、これで畑先生は財政的にはかなり余裕があるらしいことが分かったんで少し安心。

・お屋敷
ハヤテ皆勤だけは死守。
ハヤテって麻雀の代打ちやってたんじゃないかったっけ?博打ダメなのか。実力が反映されない種目(?)だと凶運が発動するのか。
さて、ラスベガスに「誰か」がいることをナギが示唆してるわけですが…

・紫子さん
お前は何の能力を持ってる…?どっちかというと鷺ノ宮系の力っぽいけど。
三千院家は強運、ってことでいいのか。帝は当然として紫子も強運。で、ナギって「運」って部分ではどうだろう。強運って描写はあまりなかったような。

・サキさん
嬉しそうでなにより。初めての海外旅行はそら興奮するわな。

・誰?
一条君ってーと…
思い出せませんでした。巡回して、なるほど橘家の執事さんでしたか、と。
そうするとワタルの母親なのか。
でもワタルの両親は貴嶋レイと海外豪遊中ってことになってなかったか。4人で豪遊するほどの余裕が橘家にあるとは思えない…



←ハヤテ202話感想   ハヤテ204話感想→
ハヤテ関連記事一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。